キャッシング契約は何で比較?金利だけ見ていませんか?

キャッシング契約を検討する際、どの会社が良いのか比較して申し込むのが一般的です。一番目に付くのが金利であり、少しでも金利の低い銀行や消費者金融を選択することになります。しかし、現在では銀行カードローンも金利差はほとんどなく、大手消費者金融なら上限金利は18%と横並び状態です。

結果として比較するポイントにはならない状況です。毎月の返済額も銀行カードローンに差はなく、消費者金融も自主規制により5年で完済出来るように返済額が設定されています。では、どこの点を比較すれば良いか悩んでしまいます。

実は重要なのは、付帯するサービスであり、それは無利息サービスではありません。重要なのは借り入れおよび返済時に発生するコストすなわちATMの利用手数料です。銀行なら時間外利用で手数料が発生しないか、消費者金融なら提携ATMで手数料が掛からないか比較することが重要です。

特に少額の借り入れと返済においては、利用手数料のウェイトは見過ごせないものになっています。

あなたが思うほど借り入れをすることに不安を持たなくて良い!

あなたは消費者金融からキャッシングを受けることに不安を持っていたりしませんか?確かに消費者金融からお金を借りると言うことは、後々に嫌なことがあるように思えるかもしれません。しかしながら老若男女問わず、最近ではキャッシングを受けている人が多いのが事実です。

なぜそのようにキャッシングを受けている方が多いのかと言うと、インターネットやテレビなどで良くコマーシャルを行なっており、そのコマーシャルを見て印象に残り、「試しにキャッシングを受けてみよう。」となるみたいです。ですので、キャッシングを受けることに不安や恐怖を覚えることは一切ないのです。計画的に利用をすることが出来れば問題ありません。もしキャッシングをしなければならない時が来たら利用を検討してみて下さい。

総量規制対象外のローンを使うとキャッシングよりも何が有利なのか

お金が必要になった時に、消費者金融会社が提供している融資サービスは重宝します。現在では国内で多くのキャッシングやカードローンが展開されており、利用者にとってはどのサービスを使えば便利であるのか迷うところです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業を行う上で法的に守る必要がある貸金業法に基づいて融資が行われているサービスであり、総量規制という仕組みがありますので、総限度額が年収の3分の1に制限されます。出来るだけ限度額が高い方が良いと考える人々にとって、総限度額の制限はサービスの魅力が半減する原因になっています。

総量規制対象外のローンは目的別ローンやカードローンがあります。キャッシングのように自由度が高い融資サービスであるカードローンは限度額の制限をある程度抑えられるサービスとして注目すると良いでしょう。

関西アーバン銀行のカードローンの借入

私は、以前、関西アーバン銀行でカードローンの借り入れを行いましたが、その時の事をお話します。まず、インターネットでどこのカードローンが、一番、金利が安いかを調べたところ、関西アーバン銀行のカードローンの借り入れの金利が安いことに目がつきました。

そこで、インターネットから、申込の手続きをして、返事を待ちました。2,3日すると、返事が来まして、三重県津市の支店まで、来店くださいとのことでした。それで、私は、車で、一番近い関西アーバン銀行の支店である三重県津市に赴きました。そこで、また、必要事項に記入が終わった所、300万円の借入の希望額でありましたが、150万円ならOKと言う返事をもらいました。それで、私もOKをして、無事、借り入れが可能になりました。

過去の借り入れがローン審査に影響するのが怖い!事故情報が無ければ問題無い!

消費者金融のキャシングについては、未だに悪いイメージを持っている方がいます。一度でも利用した経緯があれば、その後のローン審査に影響を受けると考えます。しかし、消費者金融の利用については、個人信用情報機関に登録されるものの、与信アップに繋がりマイナス要素がありません。

あくまで、影響を受けるのは利用中に返済を延滞したという情報であり、契約や解約といった情報でマイナス評価にはなりません。ただし、契約したままにすることは、将来的に借り入れを増大させるといったリスクが残るため、与信は悪くなってしまいます。

基本的には、マイナスの情報が無ければ、その後のローン審査において、消費者金融を利用したことは問題にならないと考えるのが重要です。近年では、銀行カードローンの保証委託先が、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者ということもあり、消費者金融の利用はマイナスにはなりません。

誰にも知られずにお金を借りるなら消費者金融のキャッシング

消費者金融のキャッシングに申し込んだ際には必ず本人確認が行われます。この本人確認はキャッシングの申し込み時に運転免許証などの身元の確認できる証明書によって行われますが、それにプラスして勤務先への電話確認が行われることになっています。

勤務先への電話による本人確認は原則として消費者金融業者の名称を用いず、個人名で行われるようになっています。そのため、たとえキャッシングの申し込みの件で勤務先へ消費者金融業者から電話がかかってきたとしても、職場の上司や同僚、後輩などにキャッシングを申し込んだということを知られてしまう心配はほとんどありません。

消費者金融のキャッシングなら誰にも知られずに安心して申し込みの手続きをすることができます。

キャッシングは主婦でも利用出来る融資サービス

消費者金融会社は国内に広く点在しており、全国展開している所から地域密着型まで幅広いタイプが存在しています。消費者金融会社の個人向け融資サービスであるキャッシングは各社独自の特徴を取り入れてサービスが展開されていますが、主婦でも利用出来るような仕組み作りにも近年積極的です。

主婦が利用しやすいキャッシングとしてはレディースローンがあります。更に、限度額を10万円程度に抑えて返済をしやすくした女性専用のローンも登場しており、主婦など女性にとって融資が受けられ易い環境作りが行われてきていますので、快適に活用する事が出来るでしょう。利用条件は、満20歳以上満70歳未満で一定の収入がある事が条件になっていますが、主婦の場合はパートや長期アルバイトをしていれば条件がクリア出来ます。

いざと言うときキャッシングを有効活用しよう

皆さんクレジットカードはお持ちでしょうか。サラリーマンは勿論主婦、学生の方も作ることができ有効活用している方も多いと思います。

そんなクレジットカードにキャッシング枠が付いていることをご存知でしょうか。キャッシングとは簡単に言えば現金を借りることができる。言わば借金です。

借金と言えば聞こえが悪いですがショッピングは先に払ってもらって後から返すのと同じで先に使って後から返す制度と考えれば抵抗は少ないと思います。

主婦や学生でも10万までは限度額として設定できます。勿論ショッピングで分割払いやリボ払いがあるように利息はつくので注意は必要です。

クレジットカードでキャッシング機能が付いていることを知っとけばどうしても急にお金が必要な時コンビニに駆け込めばATMから引き出すことができます。

何かのために、知っておいて損はない機能です。