キャッシングの怖さ!遺産相続時は個人信用情報を開示し即確認!

銀行や消費者金融のキャッシングローンについては、自身の返済リスクだけでなく、遺産相続人にも影響を与えてしまいます。万が一、契約者が無くなった場合、返済義務は法定相続人に引き継がれてしまいます。その結果、キャッシングの残債が残っているのに気付かず、遺産相続をしてしまうとある日突然、銀行や消費者金融、さらには保証会社や債権回収会社から返済請求を受ける可能性があります。

しかも、契約者本人が亡くなり返済が滞っている期間の利息と遅延損害金が発生しており、高額になっているだけでなく、一括返済請求される可能性もあります。そこで重要なことは、遺産相続の手続き前に個人信用情報機関に情報開示を行うことが重要になります。個人信用情報の開示は法定相続人も行うことが可能になっています。もし、契約書や利用明細が見つからないといった場合でも、速やかに情報開示を行い、返済請求に備えることが重要になります。

念願の美容機器を手に入れることができて幸せです

結婚10年目の専業主婦です。昨年即日融資のキャッシングカードを作りました。楽天銀行のキャッシングローンは、専業主婦の私でもすぐに融資をしてくれました。実は主人には言えない高額な美容機器を購入したかったからです。

お洒落を楽しむような年齢ではないのですが、いつまでも美しくありたいという気持ちが募り、思い切って美容機器を購入したいと思いました。キャッシングローンはその日の内に審査結果が分かり、専業主婦の私でも50万円のキャッシングが可能でした。

美容機器は32万円でしたが、お蔭でキャッシュで支払うことができました。結婚10年目の自分へのご褒美だと思っています。初めてのカードローンでしたが、大きな会社なので始終安心できました。現在毎月決まった額を返済しています。

学生ローンの意外な落とし穴!遠方の業者利用で損することも!

学生がキャッシングを検討する場合、学生ローンという選択肢があります。大手消費者金融のカードローンや中小消費者金融のフリーキャッシングに比べ、設定金利は低く、効率良く返済できれば、総返済額を抑えることができます。

最近では、インターネットにより遠方からでも申し込みや契約が行い易くなっており、優先的な選択肢になりつつあります。

ですが、学生ローンには思わぬ落とし穴があり注意しなければ、返済負担が増えてしまいます。そもそも、学生ローンを取り扱う貸金業者のほとんどは専用もしくは提携ATMがありません。結果、返済は銀行振込になってしまい、少額の返済でもって振込手数料が発生してしまいます。

貸金業者の振込先と同じ銀行の口座なら振込手数料が抑えられるものの、地方からの申し込みになると地銀を利用することが多くなり、せっかく低金利で利用できたとしても、返済コストにより負担が増えてしまいます。そのため、大手が良いのか学生ローンが良いかは慎重に判断しましょう。

キャッシング契約は何で比較?金利だけ見ていませんか?

キャッシング契約を検討する際、どの会社が良いのか比較して申し込むのが一般的です。一番目に付くのが金利であり、少しでも金利の低い銀行や消費者金融を選択することになります。しかし、現在では銀行カードローンも金利差はほとんどなく、大手消費者金融なら上限金利は18%と横並び状態です。

結果として比較するポイントにはならない状況です。毎月の返済額も銀行カードローンに差はなく、消費者金融も自主規制により5年で完済出来るように返済額が設定されています。では、どこの点を比較すれば良いか悩んでしまいます。

実は重要なのは、付帯するサービスであり、それは無利息サービスではありません。重要なのは借り入れおよび返済時に発生するコストすなわちATMの利用手数料です。銀行なら時間外利用で手数料が発生しないか、消費者金融なら提携ATMで手数料が掛からないか比較することが重要です。

特に少額の借り入れと返済においては、利用手数料のウェイトは見過ごせないものになっています。

あなたが思うほど借り入れをすることに不安を持たなくて良い!

あなたは消費者金融からキャッシングを受けることに不安を持っていたりしませんか?確かに消費者金融からお金を借りると言うことは、後々に嫌なことがあるように思えるかもしれません。しかしながら老若男女問わず、最近ではキャッシングを受けている人が多いのが事実です。

なぜそのようにキャッシングを受けている方が多いのかと言うと、インターネットやテレビなどで良くコマーシャルを行なっており、そのコマーシャルを見て印象に残り、「試しにキャッシングを受けてみよう。」となるみたいです。ですので、キャッシングを受けることに不安や恐怖を覚えることは一切ないのです。計画的に利用をすることが出来れば問題ありません。もしキャッシングをしなければならない時が来たら利用を検討してみて下さい。

総量規制対象外のローンを使うとキャッシングよりも何が有利なのか

お金が必要になった時に、消費者金融会社が提供している融資サービスは重宝します。現在では国内で多くのキャッシングやカードローンが展開されており、利用者にとってはどのサービスを使えば便利であるのか迷うところです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業を行う上で法的に守る必要がある貸金業法に基づいて融資が行われているサービスであり、総量規制という仕組みがありますので、総限度額が年収の3分の1に制限されます。出来るだけ限度額が高い方が良いと考える人々にとって、総限度額の制限はサービスの魅力が半減する原因になっています。

総量規制対象外のローンは目的別ローンやカードローンがあります。キャッシングのように自由度が高い融資サービスであるカードローンは限度額の制限をある程度抑えられるサービスとして注目すると良いでしょう。

関西アーバン銀行のカードローンの借入

私は、以前、関西アーバン銀行でカードローンの借り入れを行いましたが、その時の事をお話します。まず、インターネットでどこのカードローンが、一番、金利が安いかを調べたところ、関西アーバン銀行のカードローンの借り入れの金利が安いことに目がつきました。

そこで、インターネットから、申込の手続きをして、返事を待ちました。2,3日すると、返事が来まして、三重県津市の支店まで、来店くださいとのことでした。それで、私は、車で、一番近い関西アーバン銀行の支店である三重県津市に赴きました。そこで、また、必要事項に記入が終わった所、300万円の借入の希望額でありましたが、150万円ならOKと言う返事をもらいました。それで、私もOKをして、無事、借り入れが可能になりました。

過去の借り入れがローン審査に影響するのが怖い!事故情報が無ければ問題無い!

消費者金融のキャシングについては、未だに悪いイメージを持っている方がいます。一度でも利用した経緯があれば、その後のローン審査に影響を受けると考えます。しかし、消費者金融の利用については、個人信用情報機関に登録されるものの、与信アップに繋がりマイナス要素がありません。

あくまで、影響を受けるのは利用中に返済を延滞したという情報であり、契約や解約といった情報でマイナス評価にはなりません。ただし、契約したままにすることは、将来的に借り入れを増大させるといったリスクが残るため、与信は悪くなってしまいます。

基本的には、マイナスの情報が無ければ、その後のローン審査において、消費者金融を利用したことは問題にならないと考えるのが重要です。近年では、銀行カードローンの保証委託先が、消費者金融やクレジット会社などの貸金業者ということもあり、消費者金融の利用はマイナスにはなりません。