カードローンの返済遅延が続いた!債権回収会社が出てくる前に対応するべし!

銀行や消費者金融のカードローンは、手軽に申し込みができ、利用限度枠内であれば繰り返し利用出来る点で便利です。しかし、目的別ローンに比べると金利が高く、繰り返し利用出来る反面、返済計画が立て難い問題があります。結果、返済が苦しくなり、返済遅延が続いたり、返済に充てられる現金がなく滞納してしまうこともあります。

申し込みをする際、銀行だから安心、大手消費者金融だから不安がないと考えがちですが、債権回収会社に債権譲渡されてしまうとその安心感も失われる可能性があります。例えば、銀行は保証業務を保証会社が請け負うため、返済が滞ると管理が保証会社に移管されます。保証を受けているため、銀行側に損失はないのが実情です。

そして、保証会社は貸し倒れのリスクや債権回収のコストの兼ね合いから、早い段階で債権回収会社に譲渡することになります。
債権回収会社の取り立て行為は、法律に沿って行われるものの、突然裁判所からの通知が来たり、事情を話して回収を待ってもらおうとしても一切対応しないなどということもあります。
結果、債権回収会社が出てきたときに行えることは、弁護士や司法書士に相談するしかなくなり、高い費用を支払うことに繋がります。

場合によっては、財産の差し押さえにより、より生活が困窮する可能性もあるため、滞納状態にある方は速やかに債務整理の手続きを検討するのが重要です。
先ずは、被害を拡大しない対応をとることがポイントです。