利用限度額の増額申込みは慎重に行なう必要があります

貸金業者のカードローンを利用している人にとって、銀行と消費者金融どちらであっても、利用限度額設定が低すぎると感じている人が少なくありません。新規申込みから1年経過するまでの期間は、しっかり延滞なく返済を行なう利用者かどうか貸金業者からは取引実績が無い分だけ分からないことになります。個人信用情報機関へ登録されている信用情報から返済状況を確認出来るものの、信用情報に掲載されるのは続けて3ヶ月以上延滞を行った場合の異動情報が中心です。細かい返済状況までを確認することは出来ないので、最初の1年程度は様子を見ても不思議では無いでしょう。

利用限度額の増額申込みは、貸金業者の利用規約に記載された最小申し出期間以降であれば可能です。半年や1年といった期間が経過すれば、多くの貸金業者に対して利用限度額の増額申込みが出来るようになりますが、銀行カードローンを利用している場合にはむやみに申し込まないことが賢明となります。なぜなら、銀行カードローンは、銀行側からの増額インビテーションが行われない限り、審査に厳しいことが良く知られています。増額申込みを行った結果として、契約内容見直しが行われかねない点に注意しなければなりません。消費者金融であれば、収入証明書と共に増額申込みを行えば、詳細な審査を行ってもらえるでしょう。