カードローンの利用は未成年ではできない理由

銀行カードローンであっても、消費者金融カードローンであっても、カードローンの利用には20歳以上という絶対条件があります。つまり、未成年者では安定した収入があってもカードローンは利用することはできません。カードローンを利用できる上限年齢についてはそれぞれの金融業者によってばらつきがありますが、下限年齢についてはすべて20歳以上になっています。

これは、法律によって定められているので20歳以上となっているのです。上限年齢については法律によって定められていないのです。具体的には民法によって未成年者は親権者や後見人に同意がなければ契約行為ができないことや未成年の契約行為は後に取り消すことが可能であるからです。