キャッシングの利用限度額と年収の関係について

カードローンを利用するには、まずは審査を受けないとダメですよね。

そして審査の際には年収がどれくらいあるのか必要になります。

というのも、年収は返済能力に直接関係してくるので重要なのです。

申し込む際の条件の中に、安定した収入という項目があるのはそのためです。

そして、審査を無事通るとその結果に応よってキャッシングできる利用限度額が決まります。

審査に合格するかどうかの機銃を収入だけで見ると、継続的に返済をしていけるだけの収入があるかという部分を重要視されますね。

これは別に利用出来る限度額を100万だと最初に仮定しても、100万円の返済能力が必要というわけではないのです。

100万円を借りたとしても、せいぜい毎月返済する金額は1万円程度なのです。

ですので、自分がお金を貸す立場の方になって考えて見ましょう。

ある程一定の年収さえあれば、返済を続けて行けるだけの収入があるのでその面では安心できるだろう、ということが分かりますね。

そういった意味では、カードローンの審査と初めに提示される利用限度額に年収は特別大きな影響を与えないといこうとがよく分かりますね。

年収は最初に契約する時なら必要最低限で大丈夫です。

しかし利用限度額は大きくなればなるほど、それだけ大きな意味を持つようになってくるというわけですね。