キャッシングの増額申込みに必要なポイントについて

大手消費者金融のキャッシングの借入限度額は最高で500万円になっていることが多いのですが、誰もが最初から500万円まで借りれるという訳ではありません。多くの場合では年収額に関わらず最初の借入限度額は50万円以下でされており、パートやアルバイトのような非正規雇用の方は限度額が30万円以下となることもあります。

これは最初から高額の貸付を可能にするには消費者金融側にリスクがあるので、少ない金額から様子が見られて、徐々に増額して借入限度額を上げるようになっているのです。キャッシングの増額を行う方法としてはインターネットや電話でこちらから申し込むか、増額を勧める電話がかかってきたタイミングで行うことが出来ます。

この増額を行うには6ヶ月や1年といった一定期間の契約期間と返済実績が必要で、過去に借入があり確実に返済が行なわれていることが何よりも重視されます。また、増額を行う際には現在の収入額を確認する為に収入証明書の提出が求められることがあり、50万円を超えるキャッシングの増額を行う場合には総量規制により収入証明書の提出が義務付けられています。

その他にも増額を行うには理由が求められており、「他の借金を返済するため」といった理由では増額を受け付けて貰うことが出来ないので、あらかじめ理由を考えておく必要があります。