つい借り過ぎてしまいそうなキャッシング。だからこそ限度額があるのです。

キャッシングを一度利用したらついつい使いすぎてしまって気が付いたら借金額が膨れ上がって大変なことになる、そんなイメージはないでしょうか。そうならないために「限度額」というものがあります。キャッシング利用を審査する時に、そのときの収入、就業状態に応じて借入総額の上限が設定されます。

その限度額に達したらそれ以上は借りられない仕組みです。だから、気が付いたら恐ろしい金額になっていた、ついつい数百万、数千万借りてしまった、そんなことにはなりません。もちろん、返済しなくて利息が膨れ上がる、ということはあるかもしれませんが、そもそもその人の収入状況に応じての限度額なので、毎月の返済が無理なほどの金額になる、ということもまずありません。