総量規制対象外のローンを使うとキャッシングよりも何が有利なのか

お金が必要になった時に、消費者金融会社が提供している融資サービスは重宝します。現在では国内で多くのキャッシングやカードローンが展開されており、利用者にとってはどのサービスを使えば便利であるのか迷うところです。

キャッシングは、消費者金融会社が貸金業を行う上で法的に守る必要がある貸金業法に基づいて融資が行われているサービスであり、総量規制という仕組みがありますので、総限度額が年収の3分の1に制限されます。出来るだけ限度額が高い方が良いと考える人々にとって、総限度額の制限はサービスの魅力が半減する原因になっています。

総量規制対象外のローンは目的別ローンやカードローンがあります。キャッシングのように自由度が高い融資サービスであるカードローンは限度額の制限をある程度抑えられるサービスとして注目すると良いでしょう。