増額申し込みをするべきタイミング、しないほうが良い状況

キャッシング会社や銀行から定められた限度額を引き上げるという「増額申し込み」は、多くの人にとってありがたいものです。実際にお金を借りるかどうかはともかく、何かの原因でお金が必要なこともある以上、少しでも多くお金を借りられればと思うのはごく自然なことです。しかしながら、増額申し込みをするには、タイミングが重要であり、もし間違えると、増額どころか、貸し手側の心証を損ねてしまうかも知れません。

何故なら基本的にキャッシングでのお金の借り貸しは、「これだけお金が必要だから」という希望額を借り手が指定し、審査の上でそれを貸すという形になっています。そのため、融資額が上限に達した状態で「貸してくれ」と言っても、管理ができていないと思われてしまいかねないのです。

もし増額申し込みがしたいのであれば、より多くのお金を貸してもらうための「理由」や、お金を貸しても大丈夫な「理由」を示すことが重要です。具体的には、転職や昇給で給料が上がったといった証明などができればプラス材料になることでしょう。