学生がキャッシングする事について

キャッシングは社会人で無ければいけない訳でなく一般的に20歳以上で安定した収入があれば学生でも申し込みする事が可能になります。ですので未成年の場合は申し込めません。何故ダメかと言うと民法により未成年者の契約行為自体が認められていないので親権者の同意が無い場合は契約は無効と言う形になります。そして安定した収入と言う事ですがこちらは仕送りなどでは無くアルバイトなどの定収がある場合に限りそうです。保証人自体は不要ですが親の連絡先などは聞かれるようです。

学生で過去に金融事故を落としている方と言うのはあまり居ないので基本手的に問題はありませんが親が金融事故を起こしていたり他にローンを借りている事や過去1年間でクレジットカードやローンの支払いを一週間以上延滞していたりすると審査に落ちる可能性があります。借りてるとしても学生は社会人と比較すると信用が低いので審査に通っても10万円から30万円程度しか借りる事は出来ないでしょう。借りる場合で有利なのは初回であったり借り入れの理由が旅行代金や資格取得の学習費用など明確で健全な物の場合は割と審査にプラスになりますので明確な上で安定した収入がある場合が良いでしょう。