キャッシング先は主婦の収入により変わる

キャッシングの申込み先として、消費者金融と銀行カードローンのどちらにしようか悩む主婦は、パート勤務を行っているなどの兼業主婦と考えられます。なぜなら、専業主婦は本人に収入が無いため、貸金業法で定められている総量規制に抵触してしまいます。総量規制では、本人の年収の1/3以内迄しか貸金業者からの借入が出来ないので、消費者金融や信販会社といった貸金業法に基づいた貸付を行なう金融業者からの借入は、配偶者の同意書を提出して配偶者の年収による審査を受けない限り実現出来ません。

銀行カードローンならば、配偶者の同意書無しに世帯収入を基準として審査を受けられるので、家計を管理している立場ならば専業主婦であっても銀行カードローンの審査に通る可能性があります。専業主婦にとって人気の銀行カードローンは、必要書類の提出が少ない状態で審査を受けられるわけです。パート勤務などの収入がある兼業主婦にとっては、自身の年収を基準とした審査を消費者金融から受けることが出来るので、借入希望額がさほど大きく無ければ、消費者金融を選択して柔軟な審査を受けることが出来るでしょう。金額が大きければ、総量規制の影響が出てしまうので、キャッシングの申込み先は銀行カードローンに限定されてしまうでしょう。