総量規制対象外のカードローンは複数あります

カードローンといえば、消費者金融を思い出す人も多いはずです。改正貸金業法が完全施行されるまでは、消費者金融と信販会社によるカードローンが一般的で、現在よりも高金利で融資が行われているにも関わらず、柔軟な審査と高額な利用限度額設定により、多重債務者が生まれるほどの過剰融資が行われていました。しかし、総量規制が導入されたことで、貸付金額が年収の1/3以内と制限されたことにより、消費者金融の貸付残高は現象が続いています。

一方、貸金業法以外の法律により融資が行われていれば、総量規制対象外となるので、銀行カードローンの融資残高は増加の一途を辿っています。しかし、総量規制対象外となるカードローンは、銀行だけではなく信用金庫法に基づく貸付を行なう信用金庫のカードローンも見逃せません。あくまでも貸金業法以外の法律により、金融業務を行っていれば、利息制限法の適用は受けるものの総量規制対象外となります。審査次第では年収の1/3を超える融資を行なうことも出来ることから、本人に収入が無い専業主婦が配偶者の収入を審査基準とした配偶者貸付を利用するようになっているわけです。最初から利息制限法に抵触しない低金利融資が行われているので、消費者金融よりも低金利で借入が出来るメリットがあります。