カードローンの返済遅延が続いた!債権回収会社が出てくる前に対応するべし!

銀行や消費者金融のカードローンは、手軽に申し込みができ、利用限度枠内であれば繰り返し利用出来る点で便利です。しかし、目的別ローンに比べると金利が高く、繰り返し利用出来る反面、返済計画が立て難い問題があります。結果、返済が苦しくなり、返済遅延が続いたり、返済に充てられる現金がなく滞納してしまうこともあります。

申し込みをする際、銀行だから安心、大手消費者金融だから不安がないと考えがちですが、債権回収会社に債権譲渡されてしまうとその安心感も失われる可能性があります。例えば、銀行は保証業務を保証会社が請け負うため、返済が滞ると管理が保証会社に移管されます。保証を受けているため、銀行側に損失はないのが実情です。

そして、保証会社は貸し倒れのリスクや債権回収のコストの兼ね合いから、早い段階で債権回収会社に譲渡することになります。
債権回収会社の取り立て行為は、法律に沿って行われるものの、突然裁判所からの通知が来たり、事情を話して回収を待ってもらおうとしても一切対応しないなどということもあります。
結果、債権回収会社が出てきたときに行えることは、弁護士や司法書士に相談するしかなくなり、高い費用を支払うことに繋がります。

場合によっては、財産の差し押さえにより、より生活が困窮する可能性もあるため、滞納状態にある方は速やかに債務整理の手続きを検討するのが重要です。
先ずは、被害を拡大しない対応をとることがポイントです。

楽天銀行カードローンは楽天ユーザーにおすすめ

普段から楽天のサービスをよく利用しているという人に絶対的におすすめとなるのが楽天銀行が取り扱うカードローンとなります。なぜ楽天ユーザーに楽天銀行がカードローンがおすすめなのか詳しく解説をしていきます。

・楽天スーパーポイントがもらえる

楽天銀行カードローンは契約するだけで全員に1000ポイントの楽天スーパーポイントがもらえる特典があります。さらにカードローン入会後の翌月末時点での利用残高が一定額を超えていれば追加で楽天スーパーポイントがもらえます。

・審査を優遇してもらえる

楽天銀行カードローンは楽天の会員ランクに応じて審査が優遇されるという特徴があります。もしも楽天の会員ランクがダイヤモンド会員の場合、非楽天会員よりもカードローン契約がしやすくなると考えられます。

プロミスならば借入と返済がしやすい

消費者金融のカードローンを契約する際には、家族だけでなく友人や知人に利用がバレてしまわないか心配になるでしょう。勤務先への在籍確認電話についても、第三者へ借入の事実を知らせてはならないと法律上の規定はあるものの、勘が良い人にはバレてしまう可能性があります。

プロミスならば、勤務先への在籍確認電話について、事前にコールセンターへ相談出来る制度があるので、ケースにより書面による在籍確認を行ってもらえる柔軟性に高評価が集まっているわけです。また、プロミスの自動契約機は、三井住友銀行のローン契約機と共通の場所に設置されていることが多いので、プロミス利用と三井住友銀行利用のどちらかを外から判断出来ません。

プロミスならば、ローン契約機コーナーやATMコーナーに入る所を友人や知人に見られても、三井住友銀行の口座を持っていればいくらでも言い訳が出来るわけです。消費者金融を利用する上で、借入と返済の双方を行いやすい金融業者と契約をすれば、必要最小限の利用で済ませることが出来ます。

利用可能なATMの数が多く、経営母体がしっかりしているプロミスならば、消費者金融ならではの柔軟な対応と共に利用しやすい金融業者と言えるでしょう。

バンクイックの申込手続きをする事が出来るテレビ窓口の営業時間と注意点

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは運転免許証を持参して店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が可能です。しかしテレビ窓口は営業時間があるのでしっかり把握しておく必要があります。そこで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの申込手続きをする事が出来るテレビ窓口の営業時間を確認していきましょう。

テレビ窓口の営業時間は平日は9時から20時までとなっています。しかし土曜日と祝日は10時から18時まで、日曜日は10時から17時までとなっていて平日より営業時間が短くなっています。土日祝日にテレビ窓口でカードローンの申し込みをする時は営業時間に注意しましょう。またテレビ窓口が混雑している事もあるのでカードローンの申し込みをする時はなるべく早い時間に行うようにしましょう。

銀行カードローンは金利が変わる可能性がある商品です!

銀行カードローンの魅力は、消費者金融に比べ、金利が低く設定されていることです。

しかし、銀行カードローンの金利は将来的に変わる可能性があります。

多くの銀行カードローンでは、『金融情勢により変更することがあります』といった注意が小さく記載されています。

つまり、契約時に取り決めた金利が上がる、もしくは下がってしまいます。

下がる分には総返済額が減ること、返済期間が減るなどといったメリットがあるため、日々注意する必要がありません。

一方、金利変動が上がるケースでは、総返済額が大幅に増える可能性があるため、金融情勢が安定しているうちに完済してしまうことが重要と言えます。

どのくらいの金利が上がるのかは、景気動向が影響し、好景気になるほど返済リスクが高まってしまいます。

特に高額な借り入れがあるほど、影響度が高いため、金融緩和が行われている現在においては、より動向に注意しながら返済計画を練り上げることをおすすめします。

学生は安心できる業者からキャッシングをするべき

仕事をする時間の無い学生はお金をあまり持っていないので、趣味など自分のしたいことをしたくてもお金が無くて我慢してしまいがちです。
若いときには自分のしたいことをいろいろ経験することは非常に大切です。
例えば、どうしても行きたいコンサートのチケットが高くて買えないときや、楽しみにしていたイベントがあるけど資金が足りないときにキャッシングを利用することは賢明です。

親や知り合いにお金を借りられなくても、学生でも可能なキャッシングを上手く利用すれば、望むお金を手に入れることができます。
知り合いにお金を借りると後で金銭トラブルになって人間関係が悪くなってしまうリスクがあるので、信頼できる業者からお金を借りることは良い選択です。
ただ注意が必要なのが、怪しい業者からお金を借りないようにすることです。高利貸しから借りると非常に高い利息を払わなくてはならなくなるので気をつけるべきです。

学生だと信用がないのでキャッシングできないと思われがちですが、大手の消費者金融の中には学生でも安心してキャッシングができる業者があり便利です。
また、学生ローン専門の業者も多くあり、一時的にお金が必要な学生に人気があります。また、審査が簡単なので利用しやすいことも人気の理由です。

キャッシングで借りたお金を返済するには

キャッシングをする場合には、使用用途が制限されていませんので、利用するサービスの選択肢が数多くあります。キャッシングは、貸金業法の下で融資を行っている消費者金融会社や信販会社などがサービスの展開を行っており、多くの利用者がいます。

利用限度額は、申込みをして金融会社が審査の際に決定していく事になりますが、貸金業法には総量規制と呼ばれる仕組みが導入されていますので、限度額総額が年収の3分の1となっていますので注意が必要です。つまり、年収が多いほど限度額の総額も相対的に上がっていくという事になります。

借りるお金が多くなればなるほど、返済総額も高くなっていき、また、長期的に分割回数が多い場合、その都度利子をつけて計算される事になりますので、その分、一括返済と比較して返済総額が高くなります。キャッシングで融資を受けたお金の返済は、一括返済と分割返済を選べる事が多いです。

一括返済を行えば、利息は1回だけ発生します。分割回数が多いほど、その都度、利息がついてきますので、一括返済で返す事が出来るのであれば、一括返済をした方が良いでしょう。一方で、給料が出てから少しずつ返済するという事を考えた場合には、分割返済も選択肢として有効です。

アルバイト キャッシング

キャッシングの広告には「パート、アルバイト、主婦の方もOK!」と謳っている広告が多いですが、実際に借りる際には不利になるものでしょうか。
結論は「(正社員と比べると)不利にはなるものの、決定的なダメージではない)」ということです。

信販系のカードローンの場合、年収の3分の1を超えないという総量規制といわれるものがあります。この規制さえ超えていなければ、基本的には大丈夫です。
しかし過去に延滞を繰り返していたとなれば、不利になります。延滞の記録は事故記録として残るからです。これは数年前、数十年前のものでも残ります。
その場合、アルバイトの場合だと正社員より収入が低い、または安定していないということで厳しくなるようです。また他社借り入れがある場合も厳しくなります。

他社を含めた総量規制の範囲内に借り入れ可能金額が抑えられるのはもちろんですが、他社からの借り換えではないかと警戒されて、審査が厳しくなる傾向はあります。
ただ、過去の延滞と他社借り入れがないのであれば、アルバイトの方でもそう心配することはないでしょう。
また総量規制のない銀行系カードローンの場合だと、信販系よりも高い借入可能額になったというケースもあります。まずはアルバイトの方でも臆せず申し込んでみるのがよいですね。