キャッシングの利用中に引越しをしたり職場が変わった時には?

キャッシングの申込み時には自分の住所や電話番号、また職場の住所などの情報をキャッシング会社まで伝え、それによって本人確認や在籍確認が行われますが、利用中にこれらの登録情報が変わってしまった時にはどうしたらいいのでしょうか。

その場合、速やかにそれを届け出る必要があります。この手続きは消費者金融によっては自分で簡単にできるので、大手4社の対応をまとめてみます。

プロミスでは電話はもちろん、店頭や自動契約機、または会員サイトからでも自分の情報の変更ができます。アイフルでも電話や会員サイトから可能が可能ですが、アコムとモビットでは電話でしか受け付けていないので、自分の住所や職場が変わった時には電話でそれを伝えてください。

引越しや転職によって住所や職場のような大きな変化があった時には届け出ないといけないと分かっていても、意外と忘れがちなのが携帯電話を替えた時です。電話番号やメールアドレスが変わった時にもそれらの情報を変更してください。

携帯電話のメールアドレスは頻繁に変更する人もいるので、これを忘れていると大事なお知らせが届かなくなって困ることになるかも知れません。普段から返済日を知らせてくれるようなメールサービスを利用している場合は特に注意が必要です。

これによって新たなに本人確認や在籍確認が行われることはまずありません。極端に年収が下がらない限り、限度額が変わるようなこともないので、自分の登録情報に何か変更があった時には速やかにそれを届け出てください。

とても便利になったキャッシングの本人確認

キャッシングの申し込みをするためには、当然ながら身分の確認のための書類を提出する必要があります。
本人確認のために必要な書類は、基本的には運転免許証一枚があれば大丈夫です。

そのほかの公的書類(健康保険証、パスポートなど)をメインにする場合、そのほかに補助的な書類が必要になる場合があります。例えば、その身分証明書に記載されている住所の電気・ガスの請求書などが代表的です。

それらの書類を揃えたら、これをキャッシング会社に提出をする必要があります。
この提出方法は、今までは基本的に郵送で行うしかありませんでした。

しかし、郵送で行うとまず返信用の封筒などが自宅に届く事があるので、その封筒の差出人の名前を家族がみてしまい、キャッシングの申込をこれからしようと思っている事がバレてしまうかもしれません。
しかし最近の本人確認は、携帯・スマートフォンのカメラで自分の運転免許証などを撮影し、その写真のデータをメールなどでキャッシング会社に送るだけでオーケー、というところも増えています。

これなら郵送のやりとりもなく便利だし、手続きもスピーディーにいくのでとても助かります。
あるキャッシング会社に申込したときは、結局一切の郵便物は届きませんでした。

家族にはこっそり内緒で借りたい人にはおすすめです。
なお会社により対応が異なる場合があるのでよく事前に確認してくださいね。

消費者金融のキャッシングが人気の理由は即日融資にある

現在は多くの金融サービスがありますが、その中でも多くの人たちに利用されているのが消費者金融のキャッシングです。
消費者金融のキャッシングが人気のサービスとして利用されているのは即日融資が可能だからです。

お金に困っている時は誰でも1分1秒でも早く必要なお金を用意したいと考えるものです。
消費者金融のキャッシングは独自の審査法から最短30分程度で審査を終えられます。そのため、初めての利用でも1時間もかけずに融資を受けることが可能となっています。

そのため、急な出費への対応として利用する方が多く、お金のピンチの便利な解決策として重宝されています。
そして、消費者金融のキャッシングは50万円を超える借入でなければ収入証明書の提出を必要としません。

申し込みにあたって必要となるのは身分証明書だけなので、免許証や健康保険証、パスポート等があれば、すぐに申し込みを行うことが出来ます。
財布や鞄に免許証や健康保険証が入っていれば、出がけ先でお金に困っても最寄りの消費者金融の店舗に足を運べば、時間をかけずにお金の悩みを解消出来ます。

こうした素早い審査により即日融資が可能となっていることから、消費者金融のキャッシングは人気の金融サービスとなっています。

キャッシングは即日融資が可能です

急ぎでまとまったお金が必要な時はあります。そういう時にキャッシングは便利ですし、申し込みはスマホやパソコンなどから手軽に手続きすることができますし、家族に内緒で申し込みやキャッシングができるので便利です。

また、キャッシング会社によっても違いはありますが、だいたい平日14時までに申し込みが完全に終わると審査に通れば即日融資が可能になるので、かなりスムーズに活用することができます。必要な分をすぐキャッシングでき、コンビニや駅構内のATMからすぐ借り入れできるので、必要なお金を即日融資ですぐ準備することができるのは、なかなか利点も大きいです。

お金が不足していると心配事があり、家族に心配をかけることになりますし、身近な人へお金の相談をするのも避けたいはずです。上手に借り入れと返済ができるキャッシングは日常生活の一部として活用することもでき、審査結果や利用明細書など自宅へ郵送されることもなく、自己管理にてウェブサイトからログインして現在の借り入れ状況や返済額などもチェックすることになり、郵送物が一切自宅へ送付されないので、家族にバレることなくキャッシングを利用できるので精神的にもかなり穏やかになる方も多いです。

銀行ローンを優先的に利用するメリット

これからキャッシングをしようと考えている人はまず銀行ローンを優先的に探してみた方が良いです。一般的に銀行ローンは審査が厳しいというイメージを多くの人に持たれています。もちろんそういった銀行も少なくありませんし、キャッシングの審査が通りやすい消費者金融が多いのも事実です。

しかし、銀行ローンと消費者金融ローンは根本的に仕組みが異なるため実は同列に考えられるものではないのです。両者の違いはいくつもありますが、一番大きな相違点は総量規制です。消費者金融は総量規制というルールがあり、年収の3分の1を超える借り入れはできないという決まりがあります。一方銀行ローンは消費者金融のような総量規制はありません。

また、この総量規制というものは他社の借り入れがある場合合算の金額となります。ところが銀行ローンの場合そもそも総量規制という概念がないため、別の銀行ローンで借り入れをしていても合算されることはありません。また、消費者金融の場合、審査時に他社での借り入れ金額を申告するように求めてくる消費者金融が多いのですが、銀行ローンは含めないとしている消費者金融も多いです。

そのため消費者金融ローンと銀行ローンを両立することがある場合、先に銀行ローンを利用していた方が審査のハードルは逆の場合よりも低くなるのです。

自動契約機のメリットについて

キャッシングを利用するときに、自動契約機を使用している方は、結構いらっしゃいます。
10年ほど前くらいは、まだインターネットが今ほど普及していなかったこともあり、自動契約機がキャッシングの申し込みでは主流でした。

人に会うことなくすべての手続きができるという点が画期的で、一時期には町中のいたるところに沢山の自動契約機がならんいたほどです。
それが最近ではインターネットでの申し込みが主流になったことで、町中にはなかなか見かけなくなってきましたが、
今でも窓口の対応的な丁寧な会話ができるという点が好評で今でも自動契約機が残っています。

多くは雑居ビルなどの中に設置されていたり、銀行の中にコーナーが設けられているなど場所に変化が出てきてはいます。
ただ、オペレーターの人と話をしながら手続きが進められるというのは、何かしらの疑問点が出てきたときに、すぐに解決できるというのは便利です。

そして利用するためのカードが機械からそのまま出てくるという所も支持されている理由です。キャッシングでは即日融資も多く使われるようになってきていますが、
カードは後日郵送されるというのが一般的ですから、その場で発行されて待つ必要がない自動契約機の方が良いと考える人がいるのも頷けます。

アコムでは、期日前でも返済が可能

アコムでキャッシングをした場合、期日前でも返済することができます。

これには、「支払う利息を減らすことができる」という利点があります。

では、その方法についてですが、それには以下のような物があります。

「インターネットから返済する」。

この方法であれば、24時間いつでも可能ですし、手数料もかかりません。

ですから、最もおすすめといえますが、注意しなければならないのは「ネットバンキングへの登録が必要」ということです。

それさえ済ませておけば、アコムのサイトから手続きを進めることができます。

「ATMから返済する」。

アコムのATM・提携ATMのどちらでも返済できます。

ただし、提携ATMの場合は手数料が発生します。

「店頭窓口で返済する」。

この方法だと、9時30分~18時までしか受け付けてもらえないので、ついでの用事がある場合にしておいたほうがよいでしょう。

そして、これらに共通する注意点もいくつかあります。

まず、期日前に返済すると、その次の日から35日後が次の返済日となります。

つまり、次の返済日も繰り上げられるということです。

また、期日よりも15日以上前に返済した場合、当月の返済ではなく、「前月分の追加返済」と見なされます。

そして、アコムの口座振替は毎月6日となっているので、それより前に入金しても、6日に返済したという扱いになります。

収入が少ないときにキャッシングを少しでも多くするには?

収入が少ないと、キャッシングでは総量規制の影響などによって借入できる金額というのが限られてしまいます。

出来る限り多くのお金が欲しくても、このような状況では難しいでしょう。

そういったことで困っているときには、あらかじめメインの仕事のほかに副業をしておいて借入できる金額を増やすようにするといいでしょう。

メインの収入だけではなく、副業であっても消費者金融は収入に含めていいようになっていますので、

安定している収入で副業があれば、それを年収に入れることは可能です。

ですので、今働いている会社の収入以外であっても何か副収入を入れておくことによって、消費者金融から

お金をより多く借入することができると思います。